太閤山荘概要

太閤山荘概要 太閤山荘(たいこうさんそう)は、かつて本阿弥光悦が開いた芸術村があった洛北鷹峯東方の地に構えられた山荘です。山荘は戦前に、生糸で財をなした川村湖峯の本宅として建造されました。
建物は1934年(昭和9年)建造の数寄屋建築であり、天然の北山杉のほか、現在では入手が難しい銘木が使用され、母家前の内苑の各所には巨石を配し、滝の石組みとともに豪壮な造りとなっています。
また、敷地の一角には小堀遠州好みの小間茶室「擁翠亭」(ようすいてい)があり、これはかつて、上京区の「擁翠園」内にあったものです。

山荘内「上段の間(鎖の間)」には、狩野派の老松図があり、一つの部屋に二大流派の屏風絵が揃っています。
写真:狩野派 老松に孔雀図障屏画

また、敷地の下方には広大な外苑「紅葉谷庭園」があり、楓の木が多く紅葉の名所として古くから知られています。

太閤山荘の文字は、細川護煕氏に揮毫していただきました。

太閤山荘上段の間屏風

紅葉谷庭園